食事制限は続かないのが当たり前?ポイントは考え方の転換

ダイエットでいきなり食事制限は良くない。

ダイエットで最も定番なのが
食事制限です。

たしかに最も効果的ではありますが
続かない人が多いのが難点。

そもそも無理をするのが
前提になっている感じなので
挫折する方が多いんですね。

やり方もそうですが
考え方も改める必要があります。

目次

・いきなり減らしてませんか?

太る理由は消化される分よりも
多くのエネルギーを摂取しているからです。

極めて単純な理屈ですね。

主に糖質のことになりますが
それが主食と言われている現代は
本当に太りやすい時代です。

痩せ方はいろいろありますが
その食べていた分を制限するのが
最も基本的かつ強力なやり方になります。

とはいうものの、
なかなかそれが出来ないのが
人間の性?でもあります…

ダイエットに奮闘する方の
ドキュメンタリーは
たまにテレビでもやってますが、

大半の人はテレビで紹介されるような
成功事例にはなりません。

その理由は至って単純で
ギャップが激しいからです。

食事制限を経験した方は多いと思いますが
いきなり極端に減らしませんでしたか?

例えば豆腐だけ、ヨーグルトだけ、
野菜だけ、しらたきだけ、などなど。

長年、何も制限なく
バクバク食べていたのに
いきなりそんなことをしても
反動が大きく返ってくるだけです。

下手に食事制限をすると栄養不足になり
代謝能力が衰えます。

筋肉も減るので
かえって痩せにくくなる
恐れだってありますし
健康そのものに支障をきたします。

テレビでの紹介されている人は
ものすごく強いキッカケがあったうえに
根性がとてもある人、

なおかつそういう人を
意図的にチョイスしているだけです。

つまり、かなりのレアケースを
見せつけられてるようなもの。

実際はうまくいっていない人が
ほとんどだと思います。

・制限の考え方を変えましょう

食事制限がダメといっても
すべてがNOってわけでもありません。

ある意味では間食もOKといえます。

間食も糖質を摂取する事が多いので
ダイエットの天敵みたいなものですが
それもいきなりやめると反動が大きいです。

普段の食事も品目ごとに
ごっそり抜くのではなく
量を少し減らせばいいのです。

例えばご飯をいつも2杯食べていたのなら
1杯にしてみるとかです。

ぶっちゃけ糖質以外のものは
食べてもそんなに太らないものなので
栄養的な意味でもそんなに
減らさなくてもいいと思います。

むしろおかずを減らさないことにより
糖質を自然と制限する効果が
期待できます。

おかずだけでもけっこう
お腹は満たされるものです。

そしてもっと根本的な部分ですが、
森下仁丹株式会社の調査によると、
ダイエットをしている女性の多くは
そのために努力はしたくないと
思っているらしいのです。

更に興味深いのが、
食べたいものを食べつつも
健康的に痩せたいと思っている人が
7割以上とのこと。

(2020年2月24日から
3月1日のインターネット調査。
全国20~40代の女性600人が対象)

そのデータからも分かる通り、
みなさん食事制限なんか
したくないんですよね…

生命維持とか栄養補給云々の前に
食事は楽しいものです。

それを制限してしまうのは
人生を削ぎ落としているような
ものではないでしょうか。

食事制限が続かない
最も大きな理由は
楽しくないからかもしれません。

といっても食べていたら痩せれないし、
どうしたらいいんだろうと
悩まれる人が多いと思います。

なので、無理なく自然と
食事の量を減らせるダイエット法が
理想だと私は思うのですが、
案外その方法は知られていません。

商売が絡んでいるので
次々に新しいような手法が出ていますが
そういうのに踊らされないのも
現代のダイエットでは必須ですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

すらっと都島店・店長の中川です。

日々、耳つぼダイエットを通じて
お客様の目標達成のお手伝いを
させていただいております。

資格取得者としてお伝えしたいのは
耳つぼダイエットの本当の魅力です。

結果が出やすいのはもちろん
他の痩身法と比べても続けやすく
挫折しにくいことにあります。

少しでも気になることがあれば
お気軽にお問い合わせください。

お待ちしております^^

☆保持資格☆
ダイエットインストラクター
アクアセラピスト

目次
閉じる